日本の誇る、パワフルなライブパフォーマンスで、
イベントや開店宣伝を賑やかに華やかに!
東京の若手実力派チンドン屋です。

パフォーマンス中など、お電話に出られない場合がございます。

留守番電話にメッセージをお願いします。

東京都立川市
  1. シゲミのチンドン日記
 

シゲミのチンドン日記

2014/12/17

さかえや代表大高シゲミの日々を綴ります。

チンドンの活動はもちろんですが、

大好きなプロレスネタや、日常のささやかなことなども併せてお楽しみいただこうと思います…

 

細々とした日記は、以前はアメブロに書いておりました。

過去記事はそちらをご覧くださいませ。

アメブロのブログ → 『シゲミミ!!』

毎年、東京・大阪・九州のチームが持ち回りで担当する、夜の特別ステージ。

今年は東京チームの担当でした。

 

東京のチンドン屋総勢30名が、

それぞれの持ち味を最大限に発揮して創り上げた、1時間のバラエティショー。

プロデューサーもディレクターも自分たち。

これを、全体リハーサルほとんど無しでやってしまうんだから、やっぱり、

 

「一番スゲェのは、チンドン屋なんだよ!」

 

と、言いたくなってしまうな〜。



私たちは、クラッシュギャルズへのリスペクトを詰め込んだ演目をやらせていただきました!!


 

コンクールに向けて、一番初めに準備し始めたのが、

実はこの演目でした。

 

アツい想いを、お客さんも感じていただけたようで、拍手喝采、ありがとうございました!!

 

楽しかった!!

 

他にも、

 

歌ったり、

 

吹いたり、

 

玉すだれったり。
 

 

個性あふれるメンバーをまとめ上げてくれた、「チンドン!あづまや」の親方、

ほんとーにほんとーに、ありがとうございました。

そして、お疲れさまです。

 

東京チンドンの底力に、手前味噌ながら、感激してしまったわ!

 

そんなステージの模様、youtubeにあげてくださってます。

https://youtu.be/GP5F9W77wZ0 

次回は3年後の2018年の予定。早くも楽しみです〜。



さて、チンドンコンクールの番外編の楽しみとして、

普段会うことのできない、地方のチンドン屋さんたちとの交流があります。

 

大阪の東西屋『政丸』チームと企業訪問。

 

福岡『アダチ宣伝社』(本年準優勝!)社長ひでやさんとパレードで。

色々と、いい刺激をいただきました!!



第61回全日本チンドンコンクール、出場してきました。

 

「チンドン好井&さかえや+X」チームはBブロック6番目。

出番直前の一コマ。


一番右、黄色の着物の美女が、様々な憶測を生んだかのX、ピョン子ちゃんです。

ステージではこんなサプライズ。

 

パラララッパラ〜〜♪

着物の下から、新たな生物が生まれました。

スポンサーである富山市北・南・八尾山田商工会の目指す、

豊かで住みよい富山、誠心誠意な地域づくりを象徴しております。

(このキャラクターについて、ピョン子ちゃんについて詳しくはブログ記事もご覧ください→こちら

好井ちゃんと私は、モスラのテーマの替え歌をハモりました。

 

結果は、残念ながら予選敗退。

客席はだいぶ沸いていたと思うのですが…

まぁ、初めてのチームだから仕方ないかな。

昨年まで一緒にチームを組み、準優勝までを共にした「チンドン芸能社美香」組は、悲願の優勝!!

思えば、準優勝に勝ち進むまでも、それなりの時間がかかりましたものねぇ。

今年はさらなるプレッシャーや苦労があったことと思います。心の底からおめでとうございます!!

 

パレードでは、チンドンとゴロスを交替して。

たくさんの方に声をかけていただき、名前を覚えてくださっていたことが嬉しかったです!

今回の模様を撮ったDVDを後日送ってくださった方もいます。

 

私たちはしばらく「チンドン好井&さかえや+X」チームとして出場していきます。

Xはその時々変わるスペシャルゲスト。

今度は誰なの?どんなことしてくれるの?というワクワク感を感じていただきたいな。

 

来年も、お楽しみに!!


ついに、「さかえや」の看板ができました!

実は、昨年末バタバタと新屋号立ち上げ、ホームページ立ち上げに追われ、看板まで手が回っておりませんでした。

 

この看板を掲げ、満を持して、明日からの富山・全日本チンドンコンクールに挑みます!!

 

この文字、どこかで見たことあるな〜、とお思いの方、いるかもしれませんが、

 

そうです!!

寄席文字です!!

 

寄席の看板やめくりに使われている文字です。

 

お客様がたくさん入るように、空席が少ないように、という願いを込めて、文字を詰まり気味に書くデザイン。

また、チンドン屋の始まりは寄席の宣伝だった、と言われております。(チンドン屋の歴史については、当サイトこちらをご参照)

 

そんな想いを込めて、寄席文字の橘右門師匠に、筆耕をお願いいたしました。

橘右門さんホームページは→こちら(筆耕の依頼もこちらからできます)

 

私の弟が、某大学生時代、落語研究会に所属しておりまして、右門師匠に寄席文字を習っていた、というご縁から、お願いいたしました。

 

本当に、色々とバタバタなスケジュールの中、ありがとうございました!

 

この看板に恥じることのないよう、精進して参ります!

 

さぁ、明日からはいよいよ、富山へいざ!!

チーム名は「チンドン好井&さかえや+X」

ナゾのXの正体も、いよいよ明らかに!!

応援、よろしくお願いします。ご期待ください〜!!

 

チンドンさかえや

電話番号:090−7805−9765

所在地 :東京都立川市


お問い合わせ